40代女性が「美しく進化し続けるために」! 注目の記事 PICK UP!

理想の結婚に必要なものとは?【波乱な人生体験から導き出された答え】ベストパートナースクール代表 吉田真紀さん インタビュー(第1回目/全2回)

「理想の結婚を手に入れたい」と願い、相談に来る方々の9割を成婚させてきた、『ベストパートナースクール』代表の吉田真紀さん。

幸せな結婚が手に入るために必要な5つの結婚力を教え、自分の理想を叶えるための土台づくりからサポートしています。

「幸せな家族から幸せな社会をつくる」を掲げて、人の心に寄り添いながら恋愛、結婚、子育てのサポートをする吉田さんのビジネスは自身の結婚体験からすべてが始まりました。

理想の結婚、出産、夫との死別、家族の病との戦い、起業・・・20年間の激動のキャリアを追っていきます。

25年間彼氏なし!「◯月◯日に結婚する」と覚悟を決めて理想を叶える

「20代の時は、自分が仕事で何をしたいというのが明確にはなく、販売職や事務職、営業職など様々な職業を経験しました。ただ、結婚するということに関しては、“しない”という選択肢が全くなかったので、いつするのが良いか真剣に考えて計画しました。」

仕事を一生懸命頑張るよりも先に、結婚をして幸せをつかみたいと思った吉田さんは、1999年12月31日、2000年のカレンダーを見て来年は結婚YEARにしようと決めたといいます。

2000年9月15日に結婚しようと、まず日付から決めました。その時の状況は、小学校時代から続くパニック症候群があり25年間彼氏なし。体重は80kgオーバーの大きな体で自分に自信もありませんでした。でもこの日に結婚しようと決めて、そのために必要なことは全部すると自分に約束したんです。それでも結婚できなかったら、独立してフラダンスの先生になって、教室運営をする自立の道を歩もうと思っていました。」

日付から逆算して、やるべきことや目標を決めて実践していった吉田さん。4月に夫となる人と出会います。

「4月8日に初めて会い、9日に付き合うことなり、22日に2回目のデートをしまして、その翌日にプロポーズを受けました。お互いに結婚を前提にお付き合いしていたことから、順調に話が進み、私が年末に決めた9月15日に結婚式を挙げられました。

その体験を活かして、結婚したい方への個別コンサルティングや結婚アドバイスを行うようになった吉田さん。

結婚生活の6年間は楽しみながらボランティアで多くの人の結婚の悩みを解決していたそうです。

「それから、結婚したい人が家に来た時に相談にのるようになりました。個別コンサルティングでは、好きな人にどんなアプローチができるか、いつ結婚したいかなど、自分がいつ何をしなければいけないというのを明確にしていきます。
例えば、3ヵ月後に好きな人が地元に戻って来るという女性がいました。その3ヵ月に何ができるか考えてもらったら、その子は10kg以上痩せて、好きな人との結婚も叶いました。
相談にのった方の9割は結婚しまして、気がついたら結婚の館みたいになっていました。」

さらに、結婚したい男女150名を集めて二泊三日の婚活合宿を開催した際には十数組みが結婚するという、成婚率の高い婚活イベントも行う。口コミで広まり吉田さんに相談したいという方が増えていく中、人生の転機は訪れました。

大切な人との別れ。まだ幼い3人の子供を抱え、32歳で未亡人に

2006年は怒涛の一年だったと語る吉田さん。

1月に第三子の妊娠がわかりました。子供が3人になるので新居の購入を検討し始めたのが4月で、7月に神奈川県内で新居購入しました。第三子が生まれたのは9月12日でした。当時、私はまだパニック症候群があったので、病院で産むストレスと自宅で産むストレスを考えたら、自宅の方が軽いということから、引っ越したばかりのマンションに産婆さんに来ていただいて自宅出産しました。その時は、この子はこの家で生まれて育っていくのねと思っていました。」

8月頃から夫の腰痛が悪化。鍼治療やカイロプラクティック通っても効果がなく、整骨院に行くと腰の骨に腫瘍があると言われ、ガンの告知を受けたのでした。

「精密検査をしたら胃ガンが腰の骨に転移していたんです。その時には脳腫瘍にもなっていて、もう手術でとれるような状態ではありませんでした。腫瘍が脳の神経を圧迫するから、すごく痛いんですよね。体力なくて辛いけども、頭が触れると痛いから横になって寝ていられなくて、壁にもたれて痛みに耐える姿を思い出すと、本当にもうよく耐えたなって・・思います。」

静かに語る吉田さんから伝わる心の痛み、その時の思いは察するに余りあります。

10月15日に胃ガンであることがわかり、翌月の11月26日に夫は他界。
吉田さんは32歳の専業主婦。お子さんは5歳、3歳、2ヵ月でした。

当時、吉田さんは持病のパニック症候群に加え、膠原病(こうげんびょう)という関節の痛みや、発熱や疲労感が続く症状の病気もあり、体力的にも精神的にも社会に出て働くことができない状態でした。

子供を連れて実家の栃木に帰るも、未来を描くことが全くできない日々が数年続きます。

 

連載 理想の結婚に必要なものとは?【波乱な人生体験から導き出された答え】ベストパートナースクール代表 吉田真紀さん インタビュー 全2回
次回は、吉田さんとご家族の心と体の病との戦いから、起業するに至ったきっかけについて伺います

 

ライター:橋本 優基

連載 理想の結婚に必要なものとは?【波乱な人生体験から導き出された答え】ベストパートナースクール代表 吉田真紀さん インタビュー 全2回
01 理想の結婚から、最愛の夫との死別 (第1回目/全2回)
02 家族の心と体の病との戦い、そして起業へ (第2回目/全2回) 

吉田真紀

吉田真紀

ベストパートナースクール代表
32歳で夫と死別、3人の子育て中。全国で3000人以上の女性の悩みに対応。女性の悩みを解決する力を《結婚力》=《自立力》として結婚前の女性や子育て中のお母さんに伝授。「幸せな家庭で幸せな社会を作る」をミッションに、3ヶ月で《理想の結婚》が手に入る《5つの結婚力》を身につけるスクールを運営。一方的な講義ではなく、自分の知らない自分を引き出してくれて、本当にやりたいことを導いてくれることが受講者にも好評。1974年神奈川県川崎市に生まれる。栃木県出身。
https://www.facebook.com/maki.yoshida.3572 
http://best-partner-school.com/ 

関連記事

  1. 本当の結婚相手に持つ感覚とは?

  2. 96個の理想すべて当てはまるパートナーと出会った引き寄せる恋愛ワークとは?(第1回目/全2回)

  3. 本当にワクワクした人生を送るためには?【自宅のミシンから始まったパンツ作りが女性下着の未来を変えてい…

  4. 本当のパートナーを見つけるために、すべきこと

  5. 【女性起業家に学ぶ 本当に愛される生き方】恋愛コンサルタント・ 山本のぞみさんインタビュー(第3回目…

  6. 「自分の好きなことで人の役に立ちたい」足裏姿勢バランスセラピスト フラーダ代表 北原 美穂氏インタビ…

  7. 理想の結婚に必要なものとは?【波乱な人生体験から導き出された答え】ベストパートナースクール代表 吉田…

  8. 【女性起業家に学ぶ 本当に好きなことを仕事にする生き方】 フラワーデザイナー折田さやかさんインタビュ…

  9. 運を「引き寄せる人」と「逃す人」の違いはどこ?

人気記事

最近の記事

ピックアップ記事

  1. プレミアムフライデー特別企画 黒川温泉にご招待!
  2. 就寝前におすすめ!安眠アーサナ
  3. 「つい嫉妬してしまう…」嫉妬深い人の3つの特徴とは?
  4. 「幸せ度」を上げれば嫉妬は消える!?嫉妬を和らげる為の「幸せ度」を上げるコツ

おすすめ記事

PAGE TOP